アイキャッチ ジム 家トレ どっち

筋トレするならジムと家トレどっちがいい?メリット&デメリット徹底解説

 

めたぼーくん
ジムに通うか、家で筋トレするか悩むな〜
結局どちらがいいんだろう?
ももじり

それぞれ、メリットやデメリットがあるね。

自分のライフスタイルに合った方を選択できるのが一番だね。

めたぼーくん
ジムだと敷居高い気もするし…
かと言って、家トレだと満足にトレーニングできるか心配だし…
ももじり

大丈夫!筋トレを始めるときは、不安はつきもの。

両者の特徴をしっかり把握しよう!


こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

筋トレ初心者にとっては、どこでトレーニングするかは大きな悩み。

ちなみに、僕は両方とも年単位で経験済みです。

 

どちらがいいというよりは、どちらが自分に合っているかを見極めることが大切です。

それぞれのメリットやデメリットを深堀りしていきます。

どちらを選択するかのヒントになれば幸いです。

 

  • ジムのメリット&デメリット
  • 家トレのメリット&デメリット
  • 自分のライフスタイルにどちらが向いているかがわかる

 



ジムのメリット&デメリット

 

筋トレと言えばジム。

しかし、通ったことがない人だと不安も多いはず。

 

コストだってタダではありません。

会員になる前にジムの特徴を押さえておきましょう。

 

ジムのメリット

 

ジムのメリット

  • マシン・器具が豊富
  • モチベーションが保ちやすい
  • プログラムや施設利用が可能
  • コミュニティの輪が広がる

 

ジムの最大のメリットは「鍛える為の空間」としてデザインされていること。

鍛える為に必要なアイテムは、大抵揃っています。

 

家にマシンやパワーラックを設置できる人は少ないでしょう。

また、空間としてのメリットはモチベーションにも直結します。

家で筋トレするよりも、誘惑が少なく集中してトレーニングに励むことができます。

 

トレーニング空間がメインですが、ジムによっては多数のオプションが利用できます。

  • シャワー
  • 多目的スタジオ
  • スパ
  • プール
  • マッサージ
これらのサービス内容は、ジムによって大きく異なるので入会前にしっかりチェックしましょう。

 

ジムの種類は様々あります。

詳しく知りたい人は関連記事を参考にしてください。

 

ジムにも種類がたくさんある

関連記事

  めたぼーくん 筋トレするならやっぱりジムだよなあ… でも、種類が多いんだよね。 ももじり たしかに、今は色んな種類のジムが展開されてるよね。 選択[…]

 

そして、ジムならではの特徴がコミュニティです。

ジムは、多くの人が同じ目的で利用しています。

ボディメイクしていたり、同じスポーツをしていたり。

同じ境遇の仲間ができることも多い場所です。

 

普段、家と職場の往復で1日が終わっている人。

1日が惰性で過ぎていくことに、虚無感を感じている人。

冗談抜きで、マジでオススメです。

家でも職場でもない環境に身を置くと、心が安らぐ場所を一つ見つけることができるかもしれません。

 

ももじり
  • ジムは手軽にマシンや器具、その他サービスが利用できる!
  • ジムという「空間」がモチベーションに繋がる!
  • コミュニティの輪が広がると、大切な居場所の一つになる!

 

ジム通いのデメリット

 

ジム通いのデメリット

  • 利用料がかかる
  • ルールや時間などの制約がある
  • 移動や用意が手間

 

ジムはその空間を利用させてもらう訳ですので、当然コストがかかります。

当たり前過ぎるので、デメリットとして扱うかも迷いましたが。笑

 

料金形態は様々です。

ジムでの料金形態

  • 1回毎の利用
  • 数回単位での利用
  • 月額での指定時間での利用
  • 月額でのフルタイム利用
  • 予約制のパーソナルジム

 

など。

数百円/回〜数万円/月まで、幅広くあります。

自分の生活の中で無理なく利用できるか、しっかり検討しましょう。

 

ジムは公共の場ですので、当然ルールや時間に制約があります。

そのジムで決められたルールや時間を守って利用することになります。

パンプしたからって、いきなり脱いじゃダメですよ。

 

ジムでのルールやマナー

  • マシンや器具の占有禁止
  • マシンや器具を使用後に消毒&元に戻す
  • 大声をあげてトレーニングしない

 

また、大きなデメリットはジムへの移動と用意

家からジムまでの距離は、習慣化にとってむちゃくちゃ重要です。

 

自宅から遠いところにあるジムなんて、行く気が失せませんか?

習慣化したいのであれば、ジムが遠いのはかなりの痛手です。

 

オススメの判断基準は、通勤や通学経路にジムがあること。

生活の動線上にジムがあると、移動のデメリットはかなり解消されます。

 

ジムに通う際はマナーや持ち物についても確認しておきましょう。

関連記事も参考にしてください。

 

ジムに通うならマナーや持ち物もチェック

関連記事

  めたぼーくん ジムに通い始めようと思うんだけど、ジムのルールとかマナーがわからなくて不安だなあ… ももじり たしかに、行ったことがないと不安だよね。ジムによっても様々だしね。 […]

関連記事

  めたぼーくん そろそろ、ジムに通おうかと思ってるんだ。 ももじり お、いいね! ジムはモチベーションも保ちやすいよ! めたぼーくん ところで、ジムで必要なモノっ[…]

 

ももじり
  • 料金体型に無理がないか確認!
  • ルールや時間の制約は施設利用の上では必然!
  • ジムは生活動線上に!

 

お近くのジムを見てみる

ティップネスらくらくWeb入会

FASTGYM24 

エクササイズコーチ 

 

家トレのメリット&デメリット

 

続いては家トレについて掘り下げていきましょう。

家でトレーニングするので、基本的には手軽・自由です。

それでは、順番に見ていきましょう。

 

家トレのメリット

 

家トレのメリット

  • 移動や用意の必要がない
  • 好きな時間に好きなようにできる
  • 設備の拡張性が無限大

 

家でのトレーニングなので、移動や用意の必要性がありません

これは、かなり嬉しいポイント。

 

そして、好きな時間に好きな時間だけできます。

その他にも、様々なルールから解放されます。

恐らく、ホームジム最大のメリットでしょう。

 

ホームジムの自由環境

  • マシンや器具の順番待ちがない
  • 片付け不要
  • 服装が自由
  • サーキットトレーニングが可能
  • 脱いでもいい?(笑)

 

など。

ここまで自由にできるのは、まさしく自宅の成せる技。

賃貸の場合は家屋の破損や騒音には注意

 

そして、設備の拡張性が無限大です。

お金さえかければ、いくらでも設備を充実させられます。

究極的に言えば、ジムの環境ですら超えられます

将来構想が明確なら、長期的にホームジムを育てるのもアリ。

 

ももじり
  • 移動や用意の手間を省ける!
  • 基本的に自由!どんな使い方をしても良い!
  • 拡張性が無限大!自分だけの究極のジムを作ることも可能!

 

家トレのデメリット

 

ホームジムのデメリット

  • 器具への投資でトレーニングの幅が変わる
  • 家屋や同居人への配慮
  • モチベーション維持が意外と大変

 

ホームジムは器具への投資によって、トレーニングバリエーションが変わってきます。

マシンやパワーラックを設置できるような金銭的余裕や環境は、なかなか稀でしょう。

なので、筋トレを充実させる為には、トレーニー自身が多くの種目を覚えたり、創意工夫が試されます。

 

現実的な範囲でオススメする器具は、可変式ダンベルトレーニングベンチ

この2つがあれば、かなり家トレが充実します。

気になる人は、ぜひ関連記事をチェックしてみてください。

 

家トレを充実させるアイテムはコレ

関連記事

  めたぼーくん 自宅でトレーニングがしたいけど、何を買ったらいいのかわからないよ。 ももじり 家トレするなら可変式ダンベルとトレーニングベンチで十分だよ。 めたぼーく[…]

 

器具を買ったら、今度はスペース問題

同居人がいる人は要相談ですね。

 

同時に家屋の破損も注意が必要。

筋トレ器具は、充実させればさせるほど、重くなります。

床の耐久性騒音などに注意しましょう。

 

家トレするならマットがオススメ

 

そして、良くも悪くも「家」という空間が招くのが、モチベーション低下

やはり、家はリラックスする場所としての認識が強いです。

自分の好きな物に囲まれていると、ついついサボってしまうことに繋がります。

 

これを防ぐには、空間をデザインすることが大切。

簡単に言えば、トレーニングをする部屋を分けることが効果的です。

予め環境整備を行っておきましょう。

 

ももじり
  • 家トレでは、マシンや器具への投資でトレーニングバリエーションが変わる!
  • ある程度のトレーニングスペースの確保は必要!
  • 家屋の破損や騒音に注意!
  • 誘惑が多くモチベーションがブレやすい!環境を整備しよう!

 



ジムと家トレ、筋トレするならどっちがいい?

 

おさらいとして、それぞれの特徴を比較しましょう。

 

ジム 家トレ
メリット
  • マシン・器具が豊富
  • モチベーションが保ちやすい
  • プログラムや施設利用が可能
  • コミュニティの輪が広がる
  • 移動や用意の必要がない
  • 好きな時間に好きなようにできる
  • 設備の拡張性が無限大
デメリット
  • 利用料がかかる
  • ルールや時間などの制約がある
  • 移動や用意が手間
  • 器具への投資でトレーニングの幅が変わる
  • 家屋や同居人への配慮
  • モチベーション維持が意外と大変
こんな人にオススメ
  • すぐに筋トレを始めたい
  • マシンやパワーラックを使いたい
  • 筋トレ仲間が欲しい
  • 生活動線にジムがある
  • 自宅に十分なスペースがない
  • 自宅に器具を置きたくない
  • 誘惑に弱い
  • 家で人目を気にせず筋トレしたい
  • ルールやマナーに縛られたくない
  • 移動がとにかく面倒
  • 生活動線にジムがない
  • 自宅のスペースに余裕がある
  • 将来オリジナルジムを作りたい

 

自分がどちら向きか、イメージできましたか?

結論、ジムと家トレに優劣はありません

ただし、どちらが自分にマッチしているかは判断すべきです。

 

自分のライフスタイルと相談し、最適な選択をしましょう。

 

どこでトレーニングするかより、いかにベストパフォーマンスでトレーニングするか」にフォーカスして、環境を選択することが大切です。

 

関連記事

【超オススメ】筋トレ初心者はパーソナルトレーニングの無料体験がコスパ最強

筋トレ・ダイエット初心者必見!ボディメイクのやり方を徹底解説



アイキャッチ ジム 家トレ どっち
最新情報をチェックしよう!
>