こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

先日、こんなツイートをしました。

 

 

結構反響があったため、多くの人が同じ悩みを抱えていると実感しました。

今回はそんなマイプロユーザーに向けて、オススメアイテムを紹介します。

 

  • マイプロのチャック袋の不具合について
  • 粉末サプリの保管を快適にする神アイテムを紹介
  • マイプロの粉末サプリとの相性

 



マイプロテインのチャック袋の闇

 

マイプロテインはコスパが非常に良く、僕自身も長年愛用してます。

ツイートの反響からも多くの人が、マイプロテインを愛用しているんだな。

と実感しました。

 

そんなマイプロテインのサプリメントは、殆どが袋詰めされている商品です。

 

基本的なパッケージング

 

サイズは大なり小なりあり、上のような袋でパッケージングされています。

プロテインはボトルタイプもありますが、その他の粉末サプリは殆どこのタイプです。

 

この袋は口がチャック式になっていますが、これに不満が多い…

まずは、それらを見ていきましょう。

 

とにかく開閉し辛い

これが一番使いづらい理由だと思います。

 

袋のチャック部

 

このチャック部分にサプリが詰まり、チャックが閉まらないことが多い

また、詰まりがなくても、噛み合わせが元々悪い場合が多いです。

 

当然、閉めるのに時間もかかります

これが非常にイライラします…

 

チャック部分が破損することもある

ハズレを引くと、チャック部の圧着部分が剥離します。

チャックの機能を成さなくなります。

 

こうなると、もう開閉不可能

クリップなどを活用しないと使い物にならなくなってしまいます。

 

手が粉まみれになったり、周辺が汚れる

サプリの量が少なくなってくると、スプーンが奥底に沈みます。

なので、サプリ使う際には、袋に手首ごと突っ込まなくてはなりません

 

袋の奥底に沈むスプーン

 

あのスプーンを取りに行かねばなりません。

袋の内側にはサプリメントがびっしり…

 

手が粉まみれになったり、容器に入れるときに周囲に落ちたりします

また、袋の奥深くに手を入れること自体、衛生的ではないでしょう。

 

マイプロテインの袋からロックポットに詰め替え

 

これまで、マイプロの粉末サプリの使い勝手の悪さについて説明しました。

 

しかし、これらの問題を、解消するアイテムがあります。

こちら!!

 

ロックポット

 

天下の100均ショップ、ダイソーの商品である「ロックポット」です。

 

一般的にフードストッカーなどとも呼ばれます。

これに、粉末サプリを詰め替えることで劇的に運用が楽になります。

 

ロックポットの特徴・メリット

では、ロックポットの基本的な仕様やメリットについて、解説していきます。

サイズや種類が豊富

サイズや種類が非常に豊富です。

スリムタイプや取っ手付きタイプなど。

 

サイズ・種類一覧表

種類 サイズ 容量(ml)
スクエア S 430
スクエア M 680
スクエア L 980
スリム S 750
スリム M 1200
スリム L 1800
ハンドル 1000 1000
ハンドル 1500 1500

 

サプリメントの種類や容量に合わせて、選択することができます。

同じサイズで揃えると、綺麗な収納が可能になります。

 

ロックポットで整理

 

マイプロテインの粉末サプリとの、実際の互換性は後述しています。

 

コスパ抜群

いわずと知れたダイソー商品です。

お値段は、もちろん税別100円/個

お求めやすくなっております。

 

蓋の開閉機構が優秀

 

ロックポットでは、蓋の一部だけが開く機構になっています。

なので、蓋を置いておく場所を考える必要がありません。

また、蓋は直立して保持可能です。

 

 

 

サプリの出し入れも非常にスムーズです。

 

同じサイズは積み重ねが可能

 

ロックポットは、同じサイズであれば積み重ねが可能となっています。

蓋の部分に溝があり、上下でマッチする形になっています。

綺麗に収納できるのも魅力です。

 

デメリット

続いて、デメリット。

 

完全密閉容器ではない

 

ロックポットは、完全密閉容器ではありません

これは、商品の注意書きにも記載があります。

 

痛みやすい食品を保管するのは、避けた方が良いと思います。

サプリの場合は、湿気が考えられます。

乾燥剤を投入するか、珪藻土スプーンなどを使用すると良いでしょう。

 

珪藻土スプーン

 

食洗機に対応していない

こちらも、注意書きに記載があります。

食洗機には非対応とのことです。

 

しかし、サプリ保管の場合、そこまで頻繁に洗浄は発生しません。

よほど使用量が多い場合を除けば、特に大きなデメリットではないかと。

 



マイプロテインの粉末サプリを入れてみた

 

実際に、マイプロテインのサプリと併用したときにどうなのか?

みなさんが一番気になるところではないでしょうか。

 

それらについて、レポート・解説していきます。

 

どのサイズのロックポットが良いか

先ほど、ロックポットのサイズと種類の一覧表を見ていただいたと思います。

まず、数あるロックポットの中でどれをチョイスすれば良いのか。

 

めたぼーくん
サプリのサイズ毎に、ロックポットのサイズも選ばないといけないのかな…?

 

こんなの面倒くさくないですか?

安心してください。

購入するサイズは1択です。ズバリ、お答えしましょう。

 

ロックポット スリム Lサイズ

 

先ほども登場しましたね。

マイプロテインとの併用が目的であれば、このサイズさえ買えばOKです。

 

ロックポットでは、このタイプが最大容量になります。

大は小を兼ねます。

 

実際にサプリの容量別での使用感を見ていきましょう。

 

ロックポット vs マイプロテインサプリ(250g)

マイプロテインのIMPACT EAA250gで実践。
(粒径の比重により異なる場合があります)

 

まずは、初戦ですね。

250gは未体験の味を試すときなどにも、よく購入されるサイズです。

 

詰め替え完了

 

粉末サプリを250gを入れた感じです。

余裕ですね。

まだ、7割ほど容量に余裕があります。

 

ロックポット vs マイプロテインサプリ(500g)

マイプロテインのESSENTIAL BCAA500gで実践。
(粒径の比重により異なる場合があります)

 

第二回戦。

 

詰め替え完了

 

容器の半分強程度といったところでしょうか。

まだいけそうです。

 

ロックポット vs マイプロテインサプリ(1Kg)

マイプロテインのIMPACT WHEY 1Kgで実践。
(粒径の比重により異なる場合があります)

 

第三回戦。いってみましょう。

 

詰め替え完了

 

うっぷ……

ギリ詰め替え完了!と思いきや…

この時点で、まだ袋にはこれだけプロテインが残っています。

 

 

ロックポット敗退です…

1kgはロックポットには、詰め替えできませんでしたね。

詰め替え後の内容物表記

容器にサプリメントを移し替えると、内容物が見た目ではわからなくなります

そこで、同じくダイソーさんの商品である、タックシールを使うと便利です。

 

タックシール

 

マイプロテインのチャック袋対策 まとめ

 

では、ここまでのメリットや使用感をまとめておきましょう。

 

  • マイプロとの併用は「ロックポット スリムL」を使用
  • 500gまでの粉末サプリの保管が可能
  • EAA、BCAA、グルタミン、クレアチンなどの小容量サプリの保管に便利
  • 乾燥剤や珪藻土スプーンで除湿対策をすると安心

 

マイプロテインは、味もコスパも良好なサプリメントメーカーです。

チャック袋には不満がありましたが、工夫でなんとかなります。

他のメーカーに乗り換える前に、ぜひお試しあれ。

 

関連記事

めたぼーくん プロテインを飲もうかと思ってるんだけど、どこのメーカーがいいかなぁ。 ももじり プロテイン飲むなら、マイプロテインがオススメだよ。 めたぼーくん マイプロテイン[…]

マイプロテインのサプリ購入はこちらから

 

サプリ飲むならシェイカーも

 

関連記事

筋トレにプロテインは必要??【王道サプリのメリットと種類】

【最強のシェイカー】ステンレス製ブレンダーボトルがオススメな理由



最新情報をチェックしよう!
>