体組成計

 

めたぼーくん
ボディメイクするなら、体組成計ってやっぱり必要??
ももじり

そうだね。

体重、体脂肪率は進行の目安にはなるからね。

初心者は持っておきたいアイテムだと思うよ!

めたぼーくん

どんな体組成計を買おうかな…

オススメある??

ももじり

OK!

じゃ、僕も使ってる体組成計をオススメするよ!

脂肪燃焼もやる気も燃えること間違いなし!


こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

ダイエットやボディメイクをする上で、必須アイテムとなるのが体組成計

 

体重なんて気にするな!見た目が大事だ!

は、概ね賛成ではありますが、あくまでも最終的な着地点のお話。

数値的な指標なしでダイエットやボディメイクを進めるには、ある程度の経験が必要になってしまいます。

 

体組成計は、ボディメイクでは現在地を確認するモノ

道に迷わないようにする、コンパス的な役割を果たします。

つまり、ボディメイク初心者には必需品と言っても過言ではありません。

そこで、今回はオススメの体組成計「インナースキャンデュアル」をご紹介します。

 

めたぼーくん

体重管理がめんどくさい…

ダイエットのやる気がイマイチ上がらない…

 

といった人にもオススメとなる体組成計です。

 

僕はこの体組成計を2014年から、もうかれこれ7年ほど愛用しています

7年連れ添って、僕のボディメイクを助けてくれました。

 

 

便利な機能も盛り沢山ですので、ボディメイクを強く決意していて、「至極の一品」が欲しい!

という方には、とてもオススメできます。

 

  • インナースキャンデュアルのスペック
  • インナースキャンデュアルのメリット
  • 体組成計との付き合い方

 



インナースキャンデュアルのスペック

項目 スペック
価格
※モデル、ショップにより異なります
  • RD-500シリーズ
    約12,000円〜
  • RD-800シリーズ
    約30,000円〜
  • RD-900シリーズ
    約15,000円
メーカー TANITA(タニタ)
モデル
  • RD-500シリーズ
  • RD-800シリーズ
  • RD-900シリーズ
カラーリング
※機種により異なる
  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • ブルー
  • ゴールド
本体寸法
  • RD500シリーズ
    幅 310mm × 高さ 33mm × 奥行 274mm
  • RD800シリーズ
    幅 320mm × 高さ 57mm × 奥行 348mm
  • RD900シリーズ
    幅 328mm × 高さ 32mm × 奥行 298mm
本体重量
  • RD500シリーズ
    約1.3kg(電池含む)
  • RD800シリーズ
    約2.8kg(乾電池含む)
  • RD900シリーズ
    約2.1kg(乾電池含む)
電源 DV6V 単3形アルカリ乾電池(LR6)×4本
アプリ連携 有り
※RD500シリーズは非対応
RD800~対応スマートフォン
RD900~対応スマートフォン

 

インナースキャンデュアルは、タニタのハイエンドモデルとなる体組成計です。

ハイエンドモデルだけあって、いいお値段します。

 

めたぼーくん

いや、価格!

高えよ!!

たかが体組成計でしょ!?

 

はい。

されど体組成計です。

 

しかし、それに値する価値はあります(キリ)。

あとで、安く買えるオススメ機種もご紹介しますのでご安心を。

 

最も重要な機能はアプリ連携機能

タニタの一部の体組成計には、専用アプリである「ヘルスプラネット」との連携が可能です。

アプリは無料で利用できます。

 

もちろん、インナースキャンデュアルも対象機器になっています。

RD-500シリーズはアプリ非対応

 

Bluetoothにてスマホとペアリング

電源のON/OFFも非接触でOK。

あとは、乗るだけで様々な項目を測定して自動でアプリ内にデータを送信します。

 

ヘルスプラネットでは、様々な項目が測定可能です。

 

ヘルスプラネットで体組成管理

図解 ヘルスプラネット

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. 筋肉量
  4. BMI
  5. 内臓脂肪レベル
  6. 基礎代謝量
  7. 体内年齢
  8. 推定骨量
  9. 筋質点数※
  10. 体水分率

 

インナースキャンデュアルでは、一度の測定で10項目も測定してくれます。

※筋質点数に関してはRD902以降の機種で測定可能

 

ヘルスプラネットの詳しい使い方はこちら。

ヘルスプラネットの使い方ガイド

 

測定項目で特徴的なのが「筋質点数」。

インナースキャンデュアルでは、”筋肉の質“を測ることができます。

 

筋質については、公式HPにて詳しく解説されています。

こういったスコアリングが好きな人は、面白い機能になるでしょう。

ボディメイクとしては、参考程度にすることをオススメします。

 

機種別スペックの違いとオススメ機種

疑問

 

めたぼーくん

なんかめっちゃ型番あるよね…

結局どれを買ったらいいの??

 

それぞれのモデルについては、かなり種類が展開されていますが、オススメはRD-900シリーズ

その理由について解説します。

 

機能と価格のバランスがいい

まず、アプリ連携機能は必須となります。

となると、アプリ連携のないRD-500シリーズは除外

 

アプリ連携があるモデルは、RD-800と900シリーズになります。

しかし、RD-800になるとかなり値段も跳ね上がります。

機能的には、RD-800が900より上位機種となりますが、アスリート向けであり日常生活ではオーバースペック。

 

これらを踏まえると、やはりRD-900シリーズが価格と価値のバランスが良くオススメです。

 

良コスパで買える機種がオススメ

めたぼーくん

ちょっと待って。

RD-900でさえも、すごく種類が多いよ…

 

RD-900だけでも、かなりのラインナップとなっています。

 

機種 参考価格 測定単位 カラーリング 追加機能
RD-904 アマゾン価格
約16,000〜円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト
RD-905 アマゾン価格
約16,480〜円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト
RD-906 アマゾン価格
約13,592〜円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト 
RD-907 アマゾン価格
約16,480〜円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • ブラック
  • グレイッシュゴールド
  • ホワイト 
RD-908 アマゾン価格
約13,480〜円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • ブラック
  • レッド
  • ホワイ
RD-909 アマゾン価格
約20,800〜円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • ブラック
  • グレイッシュゴールド
  • ホワイト
RD-910 アマゾン価格
約12,480〜円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • メタリックブルー
  • パールホワイト
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
RD-911 アマゾン価格
約16,500〜円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • グレイッシュゴールド
  • パールホワイト 
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
RD-912 アマゾン価格
約16,182〜円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • メタリックブルー
  • パールホワイト
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
RD-913 アマゾン価格
約14,500〜円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • グレイッシュゴールド
  • パールホワイト 
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
RD-914L アマゾン価格
約26,000円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • メタリックブルー
  • パールホワイト
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
  • TANITA 4C Technology
RD-915L アマゾン価格
約28,128円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • グレイッシュゴールド
  • パールホワイト
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
  • TANITA 4C Technology
RD-916L 公式HP価格
約27,500円
  • 100g(0〜100kg)
  • 200g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • メタリックブルー
  • パールホワイト
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
  • TANITA 4C Technology
RD-917L 公式HP価格
約33,000円
  • 50g(0〜100kg)
  • 100g(100〜180kg)
  • メタリックブラック
  • グレイッシュゴールド
  • パールホワイト 
  • 脈拍測定機能
  • 3色バックライト
  • TANITA 4C Technology


2021/4時点の情報を参照。

RD-903以前のモデルは生産終了しており、在庫があるショップ以外では購入不可。

価格はカラーリングやショップによって異なります。

 

これは、混乱してしまいますね。

ちなみに、僕はもっと古い機種で今はなき「RD-901」ですが、今でも現役で活躍してます。笑

 

この中でもオススメはRD-904〜909

少し前のモデルであり、比較的安く購入できます。

ショップによっては、2万円以下で購入可能

もちろん、それ以上のモデルを安く購入できるのであれば、買いです。

 

また、全モデルを通してそれほど機能に差がないことも理由の一つ。

 

追加機能

  • 910以降:脈拍測定+3色バックライトを搭載。
  • 914L以降:タニタ新アルゴリズム(TANITA 4C Technology)を搭載。

 

しかし、どちらも大きくボディメイクに影響を及ぼすことはないと考えます。

測定精度が正確であることに越したことはありませんが、元々家庭用の体組成計では、ある程度数値はバラつくもの

そこを重要視するよりは、測定環境や測定条件を一定にする方が大切です。

 

強いて言えば、測定単位は考慮しても良いかもしれません。

機種ごとに最低100gか50g単位での測定に設定されています。

この数値が低い方が、より細かく体重を測れるということになります。

 

めたぼーくん

なるほど…

でも。同じ最低測定単位で型番が違うモノがあるけど??

なにが違うの??

 

これは、販売店舗ごとでの型番が割り振られています。

つまり、機能には変化はありません。

使用面に関してはノープロブレム

 

ももじり

タニタのハイエンドモデル体組成計!

アプリ連携も可能で測定項目も多い!

コスパ的にもオススメ機種はRD-904~909あたり!

 

インナースキャンデュアルがオススメな理由

体組成

 

インナースキャンデュアルのどこがいいのか??

 

ここについて、徹底解説していきます。

 

  1. デザインがイケメン過ぎる
  2. アプリ連携+記録でモチベーションアップ
  3. 価格でモチベーションアップ

 

読み終わる頃には、インナースキャンデュアルにメロメロかも??

 

オススメポイント① デザインがイケメン過ぎる

インナースキャンデュアル

 

ホントに体組成計!?

足乗せていいの!?

 

って思うくらい洗練されたデザインとなっています。

僕の場合、購入意欲の大半はコレってくらいでした。

 

薄型・鏡面仕上げボディでピカピカの反射しまくり。

お洒落なお部屋には、かっちょいい体組成計が似合います。

 

めたぼーくん

たしかに男子は好きそうなフォルム。

なんか、トランスフォームしそう…

 

もちろん、男子だけじゃなく女性にもオススメ。

ポップなカラーリングも展開されています。

 

 

本体には”ポチっ”と押すような、いわゆる「物理ボタン」は一切存在しません

 

物理ボタンの排除とLEDライトがイカす

インナースキャンデュアル

 

“タップ”操作のみです。

はい。スマート。

この辺が超イケメンですね。

まぁ、スマホで電源ON/OFFすればタップすら必要ありませんが。

 

物理スイッチがないことで、表面には凹凸が一切ありません

これで、かなりお手入れが楽なのも魅力。

さっと一拭きすれば、ホコリも一掃できます。

ちなみに、上の機種は7年使っていますが、かなり綺麗な状態を保っています。

 

浮かび上がるブルーのLEDもカッコ良すぎですね。

LEDだからなのか、消費電力が少ないように思います。

7年使っていて、電池交換したのは1回だけでした。

電池交換は使用頻度による

 

こういったデザイン的な長所は、正直なところ自己満でしかないですが、モチベーションアップにも繋がります

体組成計は日常に溶け込むアイテムです。

普段の生活で視界に入ることが多いモノが”良デザイン”であることは、割と重要です。

意外とバカにできないメリットの一つ。

 

ももじり

ロマン溢れるデザイン!

使ってて気持ちいいアイテムは継続効果アリ!

 

オススメポイント② アプリ連携+記録でモチベアップ

スマホ

 

機能面としては、これが最大のメリットと言えるでしょう。

 

インナースキャンデュアルでの測定の流れ

  1. スマホ用専用アプリで電源ON(Bluetoothペアリング)
  2. 体組成計に乗る
  3. 記録・グラフデータ自動作成

 

この流れは、超スマート。

この流れの中で手動で入力することは一切ありせん。

記録に関しては言わずもがな。

 

物事の継続テクニックとしては、必須とも言える方法です。

モチベーションアップに繋がり、特にダイエット・減量においては、大きな進捗管理の指標になります。

ちなみに、Twitter連携も可能

測定結果をツイートしてくれます。

ツイートのテキストは編集可能。

公式HPで確認。

 

SNSを活用しつつ、楽しくダイエットするのも今では珍しくないスタイルですね。

 

めたぼーくん

でも、体重ばっか気にするな!

って言われたけど…??

 

たしかに、一理あります。

しかし、「体重なんてアテにならない!測るだけムダ!」と言い切ってしまうのも、なんだか勿体と思います。

 

体重と上手く付き合っていくことは、ダイエットや減量を進めるコツの一つです。

そんな体重との付き合い方は、別記事で解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

体重の正しい測り方と付き合い方

関連記事

  めたぼーくん 体重が減らないよ〜。 体重が減らないと、モチベーションが下がっちゃうよ… ももじり 体重はダイエット成果の一つとして指標にはなるね。 […]

 

ももじり

アプリ連携は神機能!

面倒な手動入力は一切なし!

記録することでモチベーションもアップ!

継続テクニックの基本!

 

オススメポイント③ 価格がモチベアップに繋がる

お金 モチベーション

 

本機のお値段は、モデルにもよりますが15,000〜30,000円強と体組成計としては価格は高め。

しかし、コレによってモチベーションを買うという考え方もできます。

 

パーソナルトレーニングや会員制のジムなどにも同じことが言えますが、こういったものは全て”自己投資“にあたります。

役立つモノや環境にお金を払うことで、自分自身の意志表明にもなるのです。

つまり、インナースキャンデュアルを買うことで自分自身と”強めの約束”をすることに繋がります。

 

めたぼーくん

た、たしかに…

2000〜3000円程度の約束じゃ、自分で破ってしまいそうだ…

 

何でもかんでも、「価格が高けりゃいい」とまでは言いませんが、一番わかりやすく自分自身の決意の大きさを表せる物差しが価格だと思います。

いきなり、ダイエットアドバイスや謎のパーソナルトレーニングを高額で受けるよりも、確実に「物体」として価値ある体組成計に投資する方が間違いないと思います。

「自分はモチベーションが低い」と自覚ある人にこそ、モノへの投資はオススメです。

 

ももじり

高いということはデメリットばかりではない!

決意表明として考えれば、むしろプラス効果!

数年間使うと思えば、圧倒的コスパ!

 



ハイエンド体組成計 インナースキャンデュアル まとめ

体組成計

 

インナースキャンデュアル、いかがでしたでしょうか。

価格や機能以上に、メリットが多い一品です。

まとめましょう。

 

項目 内容
インナースキャンデュアルのオススメ機種
  • RD-900シリーズ
  • 2万円以下で購入できるモデルがオススメ
ヘルスプラネットでの測定項目
  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. 筋肉量
  4. BMI
  5. 内臓脂肪レベル
  6. 基礎代謝量
  7. 体内年齢
  8. 推定骨量
  9. 筋質点数※
  10. 体水分率
インナースキャンデュアルがオススメな理由
  • デザインがイケメン過ぎる
  • アプリ連携+記録でモチベーションアップ
  • 価格でモチベーションアップ

 

体組成計としての機能はもちろん、それ以上の価値も提供してくれる代物だと僕は思っています。

長く付き合う相棒です。

良き体組成計と一緒にボディメイクしていきましょう。

 

 

関連記事

ボディメイクにおける減量期を徹底解説!

ダイエットのやり方はカロリー収支が基本!痩せる仕組みはシンプル!



最新情報をチェックしよう!
>