めたぼーくん
筋トレって記録する意味あんの?
ももじり

筋トレを記録すると色んなメリットがあるよ!

今では、アプリでも記録できるんだ。

めたぼーくん
へー!なるほど。
メリットとオススメのアプリを知りたいな
ももじり
OK。記録を習慣化して、筋トレを充実させよう!

 


こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

 

筋トレを記録するなんて、聞いただけでめんどくさいですね。

筋トレ自体が続かないって思ってるのに…

 

でも、実は記録することが継続力に影響するとしたら?

筋トレの効率が上がるとしたら?

 

こう言われると、記録することに少し興味を持ってもらえるかもしれません。

そんな記録の魅力を一緒に見ていきましょう。

 

  • 筋トレアプリで記録するメリット
  • オススメの筋トレアプリと機能

 



アプリで筋トレを記録するメリット

 

アプリで筋トレを記録することには、以下のようなメリットがあります。

 

  • 自己成長を確認できる
  • データを自動で集積
  • 持ち物が少なくて済む
  • 無尽蔵に記録できる
  • シェアしやすい
  • 種目の図解や解説機能がある

 

それでは、一つずつ解説します。

 

自己成長を実感できる

 

最大のメリットと言っても過言ではありません。

さて、ここで疑問。

 

筋トレにおいて、何をもって自己成長を実感するか?
重量や回数

 

重量と回数は成長の指標の一つになります。

特に初心者の間は、重量の伸びが大きなモチベーションになることが多いです。

アプリでの記録であれば、重量や回数のログをトレーニングの度に確認できます。

 

ももじり

前に進んでいる感覚を得ることが大切。

前より1Kgでも重く、1回でも多く。

シンプルな短期目標はやる気を刺激する。

 

データを自動で集積

 

ノート&ペンのアナログスタイルであれば、自分で解析を行う必要があります。

また、過去のデータを参照をするのが大変です。

 

しかし、アプリならば、データの比較や推移などの解析も自動で行われます。

筋トレに集中して、愚直に記録するだけでOK。

 

ももじり

アプリならば、スマートな解析が可能。

解析結果から意外なヒントに気づくことも。

ガジェットの強みを活かそう。

 

持ち物が少なくて済む

 

これは、シンプルに楽ですね。

僕は、筋トレに行くのにノートとペンなんか持って行きたくないです。

ノート派の人ごめんなさい…笑

 

アプリ記録ならば、スマホ一台で完結します。

また、音楽を楽しむ人は、その用途もスマホが担います。

ホントに恐ろしいガジェットになったもんです。

 

ももじり

アプリ記録なら、スマホ一台で完結する。

習慣は極力ストレスフリーを意識しよう。

 

無尽蔵に記録できる

 

これも、ガジェットの成せる技。

筋トレって、一年で終わるようなものでもないです。

 

習慣化すると、何年も繰り返し行うもの。

そうなると、記録は何年分にも及びます

 

このとき、ノートの場合はどうでしょうか?

内容や記録の仕方にもよりますが、ノートを何冊も用意しなければならなくなります。

 

反面、アプリであれば、無尽蔵に記録できます。

 

どんなにボリューミーなトレーニングをしても。

過去何年トレーニングしても。

タップとスクロールで簡単にアクセスできます。

これは、もう完全に無双状態です。

 

ももじり

アプリは何年記録してもアクセスが一瞬。

紙のように劣化や破れもなし。

超アドバンテージ。

 

シェアしやすい

 

現代のツールとの相性が良いのもメリット。

今、SNSでは筋トレメニューや記録をシェアしたりすることは、珍しいことではありません。

 

アプリの機能によってはファイル化が可能で、メール送信ができるものもあります。

そのような機能がなくても、スクリーンショットで簡単に切り取ることが可能。

 

ももじり

アプリでの記録はシェアが楽チン。

コミュニケーションはやる気も向上させる。

 

種目の図解や解説機能がある

 

もはや、至れり尽くせり。

アプリによっては、トレーニング種目の解説機能があります。

 

これは、初心者としてはかなり嬉しい機能ではないでしょうか。

アプリをダウンロードするだけで、スタートダッシュが切れます。

 

筋トレ種目は、当ブログコンテンツでも解説しています。

身体の部位別に解説しています。

ぜひ、参考にしてください。

 

部位別の鍛え方・筋トレ種目!

関連記事

  めたぼーくん ボディメイクに筋トレが必要って聞くけど… 絶対やらなきゃダメ?? ももじり 痩せてるだけの身体が目標ならいいけど、それなりに筋肉質な身体を[…]

アイキャッチ 筋トレ 必須 ボディメイク

 

ももじり

種目解説は初心者にはありがたい。

初めて行う種目でも、迷わず行うことができる。

 

筋トレ記録アプリ 「GymGoal Pro」

散々メリットを挙げてきましたが、そんなに都合が良いアプリあるのかな??

 

あります!

さきほどのメリットを網羅しているアプリがこちら!

 

 

【GymGoal Pro】

iPhone、ipad、Apple watcht対応

App Storeにて買い切り1,100円(2020年現在)です。

App Storeからダウンロード

 

アップルウォッチとも相性抜群

 

僕はこのGymGoal Proを5年以上使っています。

有料ではありますが、正直コスパ抜群です。

買い切りなので、余計なお金もかかりません。

 

海外のアプリなので、若干の癖はあります。

しかし、問題視するほどでもないでしょう。

 

初心者〜上級者にもオススメできる機能が魅力。

 

  • トレーニング種目の解説機能
  • トレーニングメニューが豊富
  • プログラムメニューが豊富
  • オリジナルの種目やメニューが作成できる
  • トレーニングデータが集積される

 

トレーニング種目の解説機能

これは、初心者にとって嬉しい機能。

アプリにデフォルトで入っている種目に限られますが、種目の解説を見ることができます。

動画での解説も用意されていて、超親切設計

 

【解説動画までのアクセス方法】

  1. トップページから「エクササイズ」をタップ
  2. 好きな種目をタップ
  3. 画面上部の「画像再生」をタップ

 

ももじり

大まかな概要や動作ポイントも記載されています。

簡単な種目なら、調べる必要がなくなりますね。

アプリが「擬似パーソナルトレーナー」の役割を果たしてくれるかもしれません。

 

トレーニングメニューが豊富

これも、非常に魅力的な部分。

 

やりたい種目がアプリに入ってなくて、記録できない…

なんてことは、他のアプリを使ったことがある人は経験があるのではないでしょうか。

 

GymGoal Proなら、その心配はありません。

デフォルトの種目だけでも100種目以上はあります。

 

【部位別にラインナップ】

 

鍛えたい部位があれば、直感的に種目にアクセスできます。

また、マシンやバリエーションにおいても細分化されています。

 

【マシンやバリエーションにも対応】

 

例えば、ベンチプレスだけでもこれだけのバリエーション。

 

豊富なトレーニングバリエーション

  • インクライン or デクライン
  • フリーウイエイト or マシン
  • バーベル or ダンベル

 

ももじり

部位別のラインナップは、初心者でも直感的に種目を選択できるね。

種目数やバリエーションの豊富さもありがたい。

 

プログラムメニューが豊富

既存ラインナップでもかなりの数が用意されています。

 

  • 分割数(2日/3日/4日)
  • 部位別(全身/上半身/下半身/各部位)
  • 動作別(押す日/引く日)
  • 器具別(フリーウエイト/マシン)
  • 難易度(初心者/中級者/上級者)
  • 有酸素
  • ストレッチ

 

など様々なプログラムが用意されています。

ウエイトトレーニングのプログラムだけでも以下の通り。

一画面に収まりきらない数です。

 

ウエイトトレーニングのプログラム一覧

 

ももじり
スケジュール機能も併用でき、きっちりメニューを組みたい人にオススメ。

 

オリジナル種目やプログラムが作成できる

これは、特に上級者には嬉しい機能ではないでしょうか。

GymGoal Proにデフォルトでラインナップされていないマニアックな種目も、自分で追加することができます。

種目の名前も自分で決めることができます。

 

種目の追加方法

  1. トップページから「エクササイズ」をタップ
  2. 「+」をタップ
  3. 種目の名前を入力し、キーボードの「改行」をタップ

 

ちなみに、できる種目が増えてくると選択が面倒になってきます。

そのような場合は、種目のお気に入り登録が便利です。

 

種目のお気に入り登録

種目の詳細画面上部の「☆マーク」をタップすると、お気に入りに追加できます。

 

種目だけでなく、プログラムも自作可能です。

 

プログラムの追加方法

  1. トップページから「プログラム」をタップ
  2. 「+」をタップ
  3. プログラム名、部位、難易度、日数、エクササイズを入力
  4. 保存をタップする

 

プログラムトレーニングでの重量や回数は、プログラム単位で記録されます。

ライトデイ、ヘビーデイなどの分け方をしている場合でも、それぞれのプログラム毎の記録を参照できます。

 

ももじり

かゆいところに手が届く仕様は嬉しい。

特殊な種目やメニューを組む人には嬉しい機能。

 

トレーニングデータが集積される

これは、どのアプリでも共通ですが外せない魅力。

グラフはもちろん、数値での確認も可能。

 

過去数年にわたって記録可能

 

トレーニング種目を指定し、以下の値を参照できます。

  • 期間(1ヶ月/90日/1年/記録全期間)
  • 重量・回数の合計
  • 重量・回数の最小値
  • 重量・回数の最大値
  • 重量・回数の平均

 

ももじり

自分の軌跡を見ることができます。

これは、記録していないとなかなか気づけないこと。

トレーニング歴が長いほど、面白いものが見られるかもしれませんね。

 



GymGoal Proは筋トレを記録でサポート

 

ざっと、オススメ機能をまとめてみましょう。

  • トレーニング種目の解説機能
  • トレーニングメニューが豊富
  • プログラムメニューが豊富
  • オリジナルの種目やメニューが作成できる
  • トレーニングデータが集積される

 

ぶっちゃけ、記録をつけなくても、筋トレは可能です。

そして、問題なく成長もできます。

 

しかし、記録は自分の歴史にもなります。

成長も可視化はもちろん、意外なヒントや気づきもあるかもしれません。

 

GymGoal Proは、そういった面からトレーニーを支援します。

たった、1000円強の出費で、これからのトレーニングを劇的に変えるきっかけになるかもしれません。

 

それでは、良いトレーニングライフを。

 


 

関連記事

ジムでのNG行動12選!覚えるべきは、たった一つのジムマナー

ジム通いに必要な持ち物



最新情報をチェックしよう!
>