めたぼーくん
そろそろ、ジムに通おうかと思ってるんだ。
ももじり
お、いいね!
ジムはモチベーションも保ちやすいよ!
めたぼーくん
ところで、ジムで必要なモノって何があるの??
ももじり
「必須なモノ」と「あると便利なモノ」があるよ。まとめて紹介するよ。

こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

今回では、ジム通いに必要な持ち物を紹介します。

 

  • ジム通いに必要なアイテム
  • トレーニングの質をアップさせるアイテム

 



ジム通いに必須な持ち物

 

まずは「必須品」について。

忘れると、ジムの利用ができない場合もあるので注意しましょう。

 

ジム通いに必須なモノ

  1. トレーニングウェア
  2. トレーニングシューズ
  3. スポーツタオル
  4. スポーツバッグ

 

必須な持ち物① トレーニングウェア

  • ストレッチ性がある
  • 吸湿性がある
  • デザインが好み

 

ジムなので、当然運動をします。

動きやすい服装で行いましょう。

明確にスポーツ用である必要はありません。

ストレッチが効いて、吸湿性のある素材が良いです。

 

しかし、個人的にはある程度お金をかけても良い部分だとも思います。

その理由は、ジムに行く一つのモチベーションになるからです。

 

ウェアだけではありませんが、道具は気分を高揚させる効果もあります。

こういった効果を上手く使うと、ジム通いの継続が楽になります。

 


必須な持ち物② トレーニングシューズ

  • 用途に合わせたクッション性
  • 軽いタイプ
  • デザインが好み

 

こちらは、ほぼ必須と言っても良いかもしれません。

ジムによっては、外履きと室内履きを区別しているところもあります

 

シューズ選びに注意したい点が、用途です。

ランニングやジョギングが中心の場合は、クッション性の高いランニングシューズを履いても良いでしょう。

 

しかし、ウエイトトレーニングが中心の場合は逆です。

クッション性の高さはデメリットになります。

スクワットやデッドリフトで、体幹がブレる原因となります。

 

ウエイトトレーニングが中心の場合は、ソールが硬いものを選びましょう

地面をしっかり感じられるかで、トレーニングの質が大きく変わります。

 

 

必須な持ち物③ スポーツタオル

  • 吸水性が高い
  • 持ち運びしやすい

 

運動をしていると、大量の汗をかきます。

ジムでは、器具やマシンは共有のモノになります。

基本的にはジムのルールに則り、使用後に拭いたり、除菌したりします。

 

しかし、自分自身の汗は自分で処理しなくてはなりません。

必ず用意しましょう。

一般的なスポーツタオルで構いません。

 

 

必須な持ち物④ スポーツバッグ

  • 最低限の容量
  • 機能性が高い

 

ジムの用具一式を入れるバッグ。

ジム通いに慣れてくると、色んな持ち物が増えてきます。

ある程度の大きさは欲しいところ。

 

フィットネスブランドなどのモノであれば、機能が充実しています。

シューズを入れるスペースがあったり、小物入れが多かったり。

自分のスタイルにマッチするものを選びましょう。

 

 

トレーニングの質をアップするアイテム

 

ここでは、必須ではないけれど、トレーニングをしていく上であると便利なアイテムを紹介していきます。

 

あると便利な持ち物

  1. パワーグリップ、リストストラップ
  2. リストラップ 
  3. パワーベルト
  4. シェイカーボトル
  5. サプリメント
  6. サプリストッカー

 

トレーニングギアやサプリメントは初心者には不要と思われがちですが、そんなことはありません。

少し慣れたら、ガンガン取り入れてOK!

 

便利な持ち物① パワーグリップ、リストストラップ

背中トレーニングの際などに、主に使われます。

握力を補助するトレーニングギアです。

 

どちらを選んでも構いませんが、それぞれ丈夫な素材が良いです。

個人的には、巻き付け動作が楽なパワーグリップをオススメします。

 

パワーグリップ

 

リストストラップ

 

便利な持ち物② リストラップ 

リストストラップと混同されやすいトレーニングギア。

リストラップ は握力補助ではなく、手首の保護が目的になります。

 

手首の無理な背屈を防止します。

主に、プレス系の押す種目で役立ちます。

販売側も商品名を間違えている場合もあり、購入時は注意しましょう。

 

 

便利な持ち物③ パワーベルト

筋トレ初心者の方でも、一度は見たことがあるかもしれません。

腰に巻くアレです。

 

一般には、腰を保護している道具だと思われることが多いです。

正確には、腹圧を高める際に外部から圧力をかけてサポートします。

脊柱保護+パフォーマンス向上効果もあります。

 

大筋群のコンパウンド種目では、腹圧は非常に大切です。

上級者が身につけているイメージですが、初心者の頃からでもオススメ!

トレーニング初期から、腹圧を意識しやすくなります

 

ただし、トレーニング中付けっぱなしにする必要はありません。

高重量のコンパウンド種目の際に、使用していきましょう。

 

 

便利な持ち物④ シェイカーボトル

筋トレに慣れてくると、トレ中、トレ後のドリンクにもこだわり始めます。

その際には、シェイカーボトルが必要です。

 

シェイカーは非常に多くの種類があります。

また、シーンに合わせて自分に合うシェイカーを見つけよう。

 

  • トレ中は頻繁に蓋を開閉するため、ワンタッチ開閉型だと楽
  • サプリストッカーが付属しているタイプもある
  • サプリを飲むのであれば、口が大きく手入れしやすいものを

 

 

オススメシェイカーはコチラ!

【最強のシェイカー】ステンレス製ブレンダーボトルがオススメな理由

ジムでのトレーニング中に使うシェイカーを探していませんか?

トレーニング中のシェイカーなら、ステンレス製ブレンダーボトルがオススメです。

他のシェイカーにはない魅力がたくさんあり、わかりやすく解説しています。

一考の価値ありです。ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を読む

 

便利な持ち物⑤ サプリメント

サプリメントは非常に有用です。

上手く使えば、筋トレライフを強くサポートしてくれます。

色んなサプリメントがありますが、ジムで使えそうなものをざっくりと。

 

  • プロテイン:タンパク質摂取をサポート
  • グルタミン:免疫機能の向上、筋分解抑制
  • BCAA:トレ中の筋分解抑制、疲労抑制
  • クラスターデキストリン:ブドウ糖。トレ中のエネルギー

 

 

プロテインのメリットを確認しよう!

筋トレにプロテインは必要??プロテインのメリットと種類を徹底解説

筋トレやダイエットでプロテインを飲むべきか迷っていませんか?

本記事では、プロテインを飲むメリットについて理解することができます。

筋トレの効果を最大化するために、ぜひプロテインを取り入れましょう。

この記事を読む

 

便利な持ち物⑥ サプリストッカー

その名の通り、サプリを収納する道具。

サプリを携帯する際には非常に便利です。

また、粉末サプリをペットボトルで飲む際には、狭い口にも充填できる漏斗もオススメ

 

 



ジム通いに必要な持ち物 まとめ

 

今回は、ジム通いに必要なモノやあると便利なモノを紹介しました。

 

項目 内容
必須なモノ
  • トレーニングウェア
  • トレーニングシューズ
  • スポーツタオル
  • スポーツバッグ
あると便利なモノ
  • パワーグリップ、リストストラップ
  • リストラップ 
  • パワーベルト
  • シェイカーボトル
  • サプリメント
  • サプリストッカー

 

こうして見ると、意外と揃えるのは難しくないように感じます。

他の趣味では、取り組む前に購入しなければならないモノが多くあったりします。

ジム通いに関しては、必須品だけなら、既に持っている方も多いのでは?

 

また、トレーニングギアも購入してしまえば、しばらくは買い替え不要。

粗悪品でなければ、何年も活躍してくれるモノばかりです。

 

ジムでの運動は、初期投資が少なく圧倒的に始めやすいのです!

近くにジムがある方は、ぜひ入会して運動を生活習慣に取り入れましょう。

 

関連記事

パーソナルトレーニングのメリット&デメリット【効果最大化の本質】

筋トレ初心者向け おすすめジム 7選

筋トレメニューの組み方【初心者向け】



最新情報をチェックしよう!
>