めたぼーくん
茹でた鶏むね肉がいいのはわかるんだけど、パッサパサな食感が苦手…
ももじり
BONIQを使うとすごく美味しく、楽に茹でることができるよ!
めたぼーくん

BONIQってなに!?

なんか、意識高い系の調理アイテムじゃないの…

ももじり

料理好きにはもちろんオススメ!

でも、ズボラ男子にもピッタリだよ!

めたぼーくん
そんなに簡単にできるなら検討してみようかな…
ももじり

操作もシンプルで超簡単だよ。

実際の使用感を見てみよう!


こんにちは、ももじり(@momojiri_fit)です。

 

みなさん、鶏むね肉食べてますか??

僕は長年食べてます。

恐らく、「肉」というカテゴリーで一番食べてます。

 

今回は全トレーニーの味方、鶏むね肉の調理方法について掘り下げます。

低温調理器具「BONIQ(ボニーク)」の手順や使用感も紹介します。

 

 

まずは、鶏むね肉のメリットについて、改めて整理していきましょう。

 

  • 鶏むね肉を食べるメリット
  • 鶏むね肉のオススメ調理法
  • BONIQの仕様や調理レビュー

 



筋肉の味方!鶏むね肉を食べるメリット

 

鶏むね肉は、超優秀な素晴らしい食材です。

岡田先生の著書「無敵の筋トレ食」でも、オススメされています。

 

過去記事はこちら

無敵の筋トレ食 レビュー!筋肉は食事で作られる!

 

  1. 高タンパク・低脂質
  2. コストパフォーマンスが高い
  3. 調理が楽&幅広い
  4. 食生活の継続に繋がる

 

鶏むね肉の推しポイントを改めて見ていきましょう。

 

鶏むね肉のメリット① 高タンパク・低脂質

 

栄養豊富であり、特にタンパク質が豊富です。

皮を剥げば、脂質も殆どありません

 

皮なし鶏むね肉PFC(100g)

カロリー:108kcal
タンパク質:22.3g
脂質:1.5g
炭水化物:0g
カロリーSlismのデータを参照しています

 

ももじり

高タンパク、低脂質の優秀食材!

トレーニーにはマストアイテム!

 

鶏むね肉のメリット② コスパが高い

 

鶏むね肉は、安定して価格が安いです。

タンパク質の価格としても、ピカイチです。

 

プロテインと比較してみましょう。

 

鶏むね肉(100g/50円の場合) プロテイン(100g/300円の場合)
100gあたりのタンパク質含有量 約22.3g 約80g
タンパク質100gの価格 約224円 約375円
タンパク質1Kgの価格 約2,240円 約3,750円
タンパク質2Kgの価格 約4,480円 約7,500円
タンパク質5Kgの価格 約11,200円 約18,750円
価格やタンパク質含有量はあくまで一例です

 

一概には言えませんが、鶏むね肉はコスパ非常に優秀です。

消費量が多ければ多いほど、コストの差は大きくなりますね

 

もっと安い鶏むね肉であれば、さらに安くなります。

スーパーなどで、簡単に購入できるのも魅力です。

 

ももじり

タンパク源のコスパは超重要!

なぜなら、ボディメイクは継続が命だから!

 

鶏むね肉のメリット③ 調理が楽&幅広い

 

調理が楽で幅広いことも鶏むね肉のイイところ。

特に茹でがオススメ

 

茹で調理は、調理器具を殆ど使用せず掃除が少なく済みます。

スボラトレーニーには、非常にありがたいのポイント。

 

また、茹でた鶏肉は冷蔵することで日持ちします。

ストックしておいて、他の料理にぶち込むだけで時短にもなります。

 

ただ、通常の茹で調理は味が落ちがち。

しかし、今回紹介するBONIQは美味しく楽に調理ができてしまいます

 

ももじり

身体の良い調理方法を楽に!

それをBONIQはさらにブーストする!

 

鶏むね肉のメリット④ 継続に繋がる

 

これらの理由から、鶏むね肉はトレーニーにとって最適食材です。

体作りでは、同じものを繰り返し食べることが基本になります。

 

もちろん、許容範囲であれば外食でリフレッシュしたりすることは大切です。

しかし、ベースとなる食事は同じものを高頻度で食べることになります。

 

鶏むね肉をいかに美味しく、楽に食べるかを考察し投資する。

これは、トレーニーにとって非常に価値のあることなのです。

 

ももじり

その投資対象の一つがBONIQ!

では、さっそくBONIQをご紹介しましょう!

 

BONIQのメリットと仕様

 

BONIQとは、低温調理器具です。

鍋に水を入れ、設定温度を保ちながらの低温調理を可能にします。

 

BONIQのメリット

  • 美味しく、やわらか鶏むね肉が作れる
  • 操作が簡単・シンプル
  • 低音調理なら他の食材でもできる

 

これらのメリットがあるBONIQ。

その仕様を確認していきましょう。

 

BONIQの大きさ

 

本体は、こんな感じ。

結構ゴツい。デカい。

 

本体寸法

高さ:37cm、横幅:10cm(最大)6cm(最小)
※公式HPより

 

BONIQのボタン配置・操作

 

操作パネルのボタンは3つのみ

コンセントを挿して、このパネルを操作するだけ。

 

操作も至ってシンプル。

詳しくは、ネット上にPDFで説明書も整備されています

 

操作説明

引用:BONIQ公式取扱説明書(BNQ-01)

 

調理バリエーションが豊富

 

調理ガイドブックも同梱されています。

中には、茹で鶏の他にもいくつかレシピがあります。

 

公式HPにも多数掲載があります。

BONIQ公式レシピ

 

料理好きトレーニーは参考にしてみるといいでしょう。

僕は鶏むね肉調理一筋です。←めんどくさいだけ。

 



BONIQで鶏むね肉を茹でてみた

 

では、実際に鶏むね肉を茹でてみましょう。

手順はマジで簡単。

 

  1. 鍋にBONIQをセットし水を温める
  2. 鶏むね肉の下準備
  3. 鶏むね肉を投入
  4. 鶏むね肉を取り出す

 

用意するもの

 

必要なアイテム

  • ジップロック
  • 鶏むね肉
  • BONIQ
  • 調味料

 

ジップロック

 

BONIQは、ジップロックと併用することが多いです。

使用する機会が多いので、業務用がコスパが良くオススメです。

 

鶏むね肉1kgの場合、ジップロックはMサイズ2枚でOK。

 

鶏むね肉

当然、鶏むね肉の調理なので必要です。

鍋の大きさにもよりますが、多すぎると入りきりません。

今回は、1kgで茹でてみました。

 

BONIQ

今回の主役。

毎日、鶏むね肉を茹でてる人ならば即買いましょう。

 

BONIQや食材を投入する鍋を用意しましょう。

BONIQには、空焚き防止のため、水位感知センサーが搭載されています。

 

水位感知センサー

このセンサーが感知しなければ、作動しません

 

なので、最低でも「MIN」までの深さは確保しましょう

 

調味料

味付けしたい方は、お好きな調味料を用意しましょう。

僕は、漢のプレーン派です。

味付けなしでも、柔らかく美味しく作れます。

 

調理手順① 鍋にBONIQをセットし水を温める

まずは、水を設定温度まで温めましょう。

 

 

このとき、お湯を使用すると、昇温までの時間を短縮できます。

水を溜めたら、BONIQをセットします。

 

 

BONIQが水位センサーまで、浸っていることを確認しましょう。

本体をクリップで鍋に固定します。

 

 

電源はコンセントを挿すと自動でON

いきなり、ヒーターがONされる訳ではないのでご安心を。

 

続いて、操作パネルで温度設定。

 

 

今回は60℃に設定。

すると、起動音がして昇温が開始されます。

しばらく待機。

低温調理の衛生管理は、自己責任になります。
BONIQ公式HPには、加熱時間基準表がありますので、ご参考まで。

 

調理手順② 投入する鶏むね肉を準備

 

昇温時間中に、鶏むね肉を準備しましょう。

1kgの場合であれば、ジップロックMサイズが2枚分です。

 

半分にカットします。

トレーニー・ダイエッターならば、皮は剥いでおきましょう

 

 

カットできたら、半分ずつジップロックに入れます。

しっかり空気を抜きましょう。

 

 

このように、巻いていくイメージだと空気を抜きやすいです。

空気が入っていると、鍋に投入したときに、浮いてきてしましますので。

 

 

重量は計る必要はありません。大体で大丈夫です。

味付けしたい場合は、この時点で調味料を投入しましょう。

 

調理手順③ 鶏むね肉を鍋に投入する

 

水の昇温が完了すると「ピーピー」とブザーがなります。

ジップロックごと、鍋に投入します。

 

 

投入が完了したら、忘れずにタイマーを設定しましょう。

「タイマー」のアイコンをタップ。

 

 

茹で時間は、投入量や温度によって変わります。

今回は1時間半に設定。

時間表示部分の点滅が終わり、点灯になればタイマースタートです。

あとは、タイマーが鳴るまで放置。

 

調理手順④ 鶏むね肉を取り出す

タイマーが時間に達するとブザーが鳴ります。

タイマーのブザーは、操作するまで鳴り続けます

鶏むね肉を取り出します。

 

 

静止画では伝わりませんが、かなり柔らかくプルプルしてる

 

 

しっかり、中まで茹で上がってます。

 

 

そのまま、タッパーなどで保管し冷蔵すれば数日は保存可能です。

できるだけお早めにお召し上がりください

 

BONIQと鶏むね肉 まとめ

 

では、BONIQと鶏むね肉についてまとめておきましょう。

 

項目 内容
鶏むね肉のメリット
  • 高タンパク・低脂質
  • コストパフォーマンスが高い
  • 調理が楽&幅広い
  • 食生活の継続に繋がる
BONIQのメリット
  • 美味しく、やわらか鶏むね肉が作れる
  • 操作が簡単・シンプル
  • 低音調理なら他の食材でもできる

 

BONIQを使えば、簡単に美味しい鶏むね肉が食べられます。

僕のようなめんどくさがりでも、簡単調理が可能です。

 

鶏むね肉は、全トレーニー・ダイエッターの味方です。

美味しく食べられることで、筋トレやダイエットの継続にも繋がります

これを期に、ぜひ検討してみてください。

 

 

関連記事

減量期にオススメの食事・食材!食べて痩せるダイエット

ボディメイクに必須!カロリーとPFCバランス



最新情報をチェックしよう!
>